ツイッターでアフィリエイトをやるときの文章の書き方

アフィリエイトをツイッターで行うということも大分メジャーになりました。
ツイッターを通じてアフィリエイト広告を紹介することは非常に合理的な面を持っていると言えます。
しかし、ツイッターの場合には文字数制限というものがあります。
これが特徴と言えるわけですが、この文字数制限を理解したうえでツイッターによるアフィリエイトを始めていかないといけないのです。
ブログなどに広告を載せて、記事を書いていく際には文字数を気にすることはあまりないのではないでしょうか?
それは何文字書いても問題ないという状況だからで、文字数制限のような概念が存在しないからです。
しかし、ツイッターでは何文字でも良いわけではなく、そこまで大量の文章は載せられません。
つまり、簡潔に広告を紹介することが求められるということになり、文章力というか、いかに簡潔な文章で魅力を伝えるか?という力が必要と言えるのです。
そして、ここで重要なのはテレビCMのような考え方になります。
15秒足らずの中で、視聴者に言いたいことを伝えるというのがテレビCMになりますけど、テレビCMの中には言いたいことは一切伝えないという手法をとっているものがあります。
何が言いたいのか?むしろ全く伝わってこない謎めいたCMのようなものが過去にあり、それは実はかなり合理的なのです。
結局、15秒足らずでは言いたいことのほとんどは伝わりません。
だったら、視聴者にインパクトだけ残しておくという発想に至るわけです。
つまり、インパクトさえ残すことができれば、視聴者の頭の中に社名が残り、ふとしたことをきっかけとして、その会社について調べる人が増えてきます。
すると、その会社のホームページには言いたいことが全て載っているので、そこで初めてその会社への理解が深まるということが起きるのです。
ツイッターによるアフィリエイトでも同じことが言え、結局重要なことはリンク先のホームページに載っており、そこを見れば良いわけです。
大切なのはそれへの誘導であり、クリックさせることが重要となります。
そうであれば、広告の内容を説明するのではなく、クリックしたくなるような文章を載せておくというのがおすすめなのです。
例えば、ニキビ用のスキンケア商品の広告だったら、「ニキビで悩んでいた日々がウソのよう!汚肌から美肌に大変身!」といった、キャッチコピーみたいな意味合いの文章を載せて、とにかく広告をクリックさせて、ホームページの詳しい文章を読ませるということが大切なのです。
ツイッターでアフィリエイトをやるときには考えておいてほしいと思います。